突然の連絡、それはほとんど顔を合わせたことのなかった父の死亡を伝える連絡でした。正直、自身の父親だとわかってはいても育ての親という認識はなく悲しくともなんともありませでした。 何はともあれ警察の指示に従い、生前住んでいた・・・